壁を使う。季節小物を見せる収納に

収納

実はフックを付けるのに、少し抵抗がありました。ネジのタイプだと、マンションの石膏ボードの壁にどうやって付けたらいいのか分からなかったのと、壁に大きな穴を開けなくてはいけないのが気になって、なかなか手が出せずにいました。

石膏ボードにはアンカーが便利

アンカーを使って取り付ければ、石膏ボードでも取り付けられるのと、壁紙を取り付け部分だけ少しめくってアンカーを取り付ければ、穴を隠すこともできるという方法を知って、私が初めて壁に穴を開けたのは、こちら

壁掛け時計。やってみるととっても簡単でした。壁紙は霧吹きでシュッと水を吹いてから、カッターでコの字に切り込みを入れると綺麗に剥がせるし、アンカーもドライバーで簡単に取り付けられます。

もし万が一失敗したり、穴の位置を変えたい時は、壁紙を元の場所へ糊を付けて戻せば、ほぼ元どおりになるので、壁が穴だらけに見えません。

そんな訳で、これまでもやっとしていたカーテンのフックやストリングシェルフなども同じ要領で付けています。

一人で取り付けできました!

壁面は、収納にもディスプレイにも使える場所なので、これまでもっと活用していればよかったなあと思っています。棚を付けたり、フレームで飾ったり…もう少し色々遊べるようになりたいので、また色々と楽しんで見たいなと妄想しています!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。