無印良品&IKEA お茶やコーヒーの保存容器を見直し

収納

こんにちは。新年が始まり、慌ただしい日々が戻ってきました。毎日使うキッチンの収納を少し見直して、少しでも使いやすくなるように、シーズンに1回程度見直しています。キッチンの中でも特に冷蔵庫周りは家族も含め、使用頻度の高いスペース。よく使う場所なので、使い勝手が悪いと乱れやすい場所でもあります。年末の掃除の時、少しだけ収納を見直しましたので、備忘録としてまとめてみました。

コーヒーには、IKEA。お茶は無印良品。保存容器の見直し

冷蔵庫の上に、中身が見えやすい透明の保存容器を置きました

冬はお茶やコーヒーを自宅で飲む機会が増えるので、いつもよりバリエーションを楽しみたくなります。コーヒーは決まった豆1つを常備しているのですが、お茶は紅茶や中国茶など、少量の種類がいくつか常備しています。それぞれの容量に合わせて保存容器も見直してみることにしました。

コーヒーの収納にはIKEAのKORKEN(コルケン)を

IKEAの保存容器はKORKEN(コルケン)というシリーズを愛用しています。以前にもこの容器について記事を書いたのですがぽってりしたデザインや頑丈な作り、密閉できるというよさもある代わりに、重たい、口が狭い、密閉用の金具が外れやすいというちょっと使いにくなと感じる部分もあります。

IKEA、無印、100均など。愛用している保存容器のこと

今までは、お茶、ナッツなどもこのIKEAの容器に入れていましたが、量が少なくて、バリエーションが増えたお茶無印良品の保存容器に変えました。

容器の蓋を外して、取り出しやすいように…!

その代わり、1月になって新たに増えた食品、お餅やみかんを、IKEAの保存容器に変えてみました。

お茶の収納には無印良品の耐熱ガラス丸型保存容器を

無印良品:耐熱ガラス丸型保存容器 ¥690(税込

これまで、お茶の保存に100均の容器を使用していましたが、一度に購入する量やお茶の種類が決まってきたので、無印良品のガラス製の容器を新調して変えました。

耐熱ガラスなので食洗機で洗えるし、密閉できるのに軽くてパカっと開けやすい蓋も使いやすくて気に入っています。

無印良品のマグネット式フックで掛ける収納を

無印良品:マグネット式フック

保存容器とは少し話がずれてしまいますが、冷蔵庫周りといえば、無印良品のマグネット式のフックを使って、掛ける収納を楽しんでいます。

また改めて記事にしようかなと思っていますが、エプロンやミトン、ハサミなどぱっと取り出したい物をかけるのにとっても便利。これはもうずっとこの位置で使い続けています。今後もしばらくこのままでいいかなと思っています。

家の中でも滞在する時間の長いキッチンスペース。使いやすくアップデート出来てよかったです!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。