やって正解。クローゼット、無印良品収納ケースのサイズ変更

収納

こんにちは!1月も早いもので下旬になりました。早いですね。

さて、朝服を選んだり、洗濯物をたたんで収納し直したりと毎日数回出し入れの動作を行うクローゼットという場所。この場所の収納がどうも使いにくいなあと感じていました。2、3年ずーともやっとしていたのですが、実は昨年末に、このもや…を少しだけ解消することができました。

クローゼットで使用していた衣類用の収納ケースのサイズ変えたくて、ケースを思い切って総とっかえ。やるとなると、そこそこの出費になるのと、意外と面倒…と躊躇していたのですが、やっぱりやって正解でした!

収納ケースのサイズ選びは「入れる物にぴったり」がポイントだった!

BEFORE
作業途中の画像です

収納ケースの入れ替え作業の途中の画像ですが、我が家のクローゼット、以前はこんな感じでした。かれこれ8年くらい使用している物もある無印良品の収納ケース引き出し式深型。収納のことなど何も考えずに、大は小を兼ねるという発想で一番容量の大きいサイズを選んだのですが、これがもやっとする原因でした。

大は小を兼ねるという発想が間違っていた…

中に入れるアイテムが薄手のT-シャツやカットソー、タンクトップといった畳んで小さくなる物の場合は引き出しの上部が余ってしまって美しく収納出来ないし、ケースの面積は無駄に取るという悪循環に…

サイズに合うケースを選び、出し入れがスムーズに!

AFTER
上段:無印良品収納ケース小
中・下段:無印良品収納ケース大

薄手や厚手の衣類の畳んだ後のサイズに合わせてケースを選び直し、ほぼ総とっかえしました。

無印良品のPP収納ケース。衣装ケースや引き出し式横ワイドなどもありますが、我が家のウォークインクローゼットには、収納ケース引き出し式がぴったり。今回は深さの違う2タイプを使用しました。

PP収納ケース。引き出し式は3つの深さを選べる

収納ケース引き出し式・小には、タンクトップやT-シャツ、くるくる丸めて平たく畳んだスウェットなどを。引き出しの上部が余らず、綺麗に収納できるように。

厚手のニットやストールなどには、収納ケース引き出し式・大を。衣類は重ねて収納すると取り出しにくいので、立てて収納しているのですが、こちらもぴったりサイズに変えたことで、出し入れの質が断然上がりました。

目隠しとラベルを兼ねてA4サイズの紙を

見た目を美しくしたくて、目隠しを

これは好き嫌いが分かれると思いますが、見た目を美しくしたくて、引き出しの前面にA4サイズの用紙をラベル代わりの目隠しをしました。白で統一したら見た目もスッキリして、気に入っています。

送料は1箱ごと。

まとめ買いの2個セットの物を購入したのですが、送料が結構高かったです。収納ケース引き出し式・小2個セット、収納ケース引き出し式・大2個セット、それぞれ¥490の送料がかかりました。私は2個セットの小を1個、2個セットの大を2個、購入したので、¥490×3で、送料が¥1490でした。(送料は配送区分などにもよります)ケース自体の価格もあるので、無印良品週間など、お得な時期にまとめて購入しても良さそうですね。

感想:やって正解!出し入れが数倍楽になりました

結論はやって正解!でした。引き出しの中を仕切らなくても綺麗に収納できるし、クローゼットのスペースも効率的に使用でき、収納可能な容量も増えたように感じています。最初にケースを選ぶ時にもっと調べて購入すればよかったと思っています。これから購入を検討している方は、是非ぴったりサイズをおススメいたします!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。