お正月飾りはいつまで?処分の方法など

インテリア

毎年調べてしまう、お正月飾りのルールいつから飾って、いつ処分するのか。処分の仕方は?我が家は東京のマンション暮らしですが、今年もささやかながら飾りを済ませました。来年以降も調べ直さなくても済むように、備忘録としてお正月飾りのルールを調べて簡単にまとめてみました。

お正月飾りはいつから飾る?

インターネットなどで調べれば、たくさんの情報が出てくると思います。我が家もインターネットで検索した情報と、私が度々参考にさせていただいている書籍「鳩居堂の日本のしきたり豆知識」の情報を読み、飾る時期の参考にさせていただきました。

日本の行事の節目に、度々手に取る書籍
鳩居堂監修:鳩居堂の日本のしきたり豆知識

インターネットでも、書籍でも、12月13日からを正月飾りを飾り始めるというのが一般的な風習と紹介されています。

昔から、日本人にとってお正月は新しい年神(歳神)様が訪れる大事な節目。年神様のトシとは稲のこと。年神様は稲作の神様であり、新しい豊作をもたらしてくれる神様だったそうです。

12月13日はすす払いの日とし、江戸時代では単なる大掃除という以上に、年間の厄をはらう常用な折り目の日であった。現代においても、12月13日から正月の準備を始めるのが一般的とのことから、この日から12月28日までに飾るのが一般的とのことです。

12月13日頃から少しずつ大掃除を始め、綺麗になってから28日までに飾るというのが良さそうですね。

飾るのを避けた方がいい日は?

もしも、28日をすぎてしまったら、29日は避けて、30日に飾ると良さそうです。29日にお飾りを飾るのは、「苦立て」、31日は「一夜飾り」と言われ、昔から避けられてきたようです。

正月飾りを取り外す日はいつ?

一般的なしきたりとしては、お正月飾りは1月7日に取り外すのが習わしのようです。昔から7日に門松を取り外すので、7日までを「松の内」と言い、地方によっては15日まで飾り、15日までを松の内とするところもあるそうです。

お正月飾りを処分する方法は?

毎年、全国の神社で開催される「どんど焼き」。地域よっては、左義長(ぎちょう)と呼ばれ、空き地などで行われる場合もあるそうです。基本は小正月の”1月15日”に行われる「どんど焼き」ですが、その周辺の土日などに開かれる事が多いそうです。まずは、最寄りの地域のどんど焼きの日程をチェックしてみても良さそうです。

鏡餅をいただく日は?

鏡餅は11日の鏡開きの日におろして、割って雑煮やお汁粉などにしていただく。年神様が宿っていた鏡餅をいただくことで、その生命力をもいただくという意味もあるようなので、参考にしてみたい風習ですね。

我が家の正月準備は

我が家はマンションなので、今年も玄関の入り口に正月飾りを飾りました。無印良品や青山フラワーマーケットなど、身近なお店で購入することが多いです。今年は青山フラワーマーケットで、24日の友引の日に購入して飾りました。

神様を迎える目印として縁起の良い松。我が家では、日本の伝統的な花でもある菊と一緒にアレンジメントとして部屋の一角に飾りました。小さなマンションでも、アレンジメントのスタイルなら気軽に楽しめます。

ケーラーオマジオは、北欧ブランドながら和の花を生けてもしっくりきます。ささいなことですが、楽しく準備ができました。また、何気なくやり過ごしてきたお正月の準備も、歴史や背景などを少しでも知ることができると、より味わい深い行事となりますね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。