無印のインナーとソックスがオーガニックコットンで使える!

無印良品

少しずつ暑さが厳しくなってきました。

洋服と一緒に、インナーやレッグウェアも衣替え。無印良品はインナーやレッグウェアが充実していて、以前から気になっていました。お店に行ってみると、オーガニックコットンなど、ナチュラルな着心地のアイテムもあり、無印らしいラインナップのアイテムがたくさん!

あれこれ欲しいものがたくさんありましたが、夏に向けて、ちょうど良さそうなアイテムをいくつか購入してたので、少しだけレポートいたします。

無印のインナーの良さは何?

今回私が探していたのは、下着の上に着るタンクトップタイプのインナー。T-シャツやカットソーを着る時に、必須のアイテムです。因みに、秋冬はユニクロのヒートテックをよく使っておりました。個人的には夏はコットン素材のモノが好みで生地感は下着が透けない薄すぎないタイプが理想です。無印良品のインナーは、コットン素材のモノが中心で、雰囲気を一言でいうと「ナチュラル」。形やカラーもベーシックなラインナップで、良い意味で無駄の無い展開です。

ほぼ全てがオーガニックコットンを使用した素材を使用

肌に直接触れるアイテムだから、オーガニック素材だと嬉しいです!自然でナチュラルな着心地に、オーガニックというキーワードもちょっと気分が良いです。無印良品のインナーは、薄手のラインから、しっかりしたリブのラインまで、色々なタイプが展開されており、用途に合わせて選べる、充実のラインナップ。風合いや機能から、好きなアイテムを選べます。

トップスのラインナップは?

脇に汗取りパッドの付いた嬉しい設計「さらっとインナー」

「さらっとインナー」は脇に汗取りパッドの付いた嬉しい設計。ホワイト、ベージュ、ブラックなど、オフィスのシーンでも活躍しそうなカラーバリエーションで、キャミソールやタンクトップなど、形も豊富です。首回りの空き具合も広く、広く空いた夏のトップスにも対応してくれそうです。今年5月9日から少し価格がお手頃になっているラインもありました。

選べる「カップ入り」「カップ付き」

「カップ入り・カップ付インナー」はカップを取り外しできるタイプと縫い付けられたタイプと選べます。こちらはどちらもシルク混素材。首回りの空きは、「さらっとインナー」に比べると少し狭い印象で、ネイビーやグレーなどのカラーを展開する形もあるのが特徴です。

素材のまんまの色「オーガニックコットン無染色インナー」

オーガニックコットン100%の生地を、染色せず、そのまま使用したタイプの「オーガニックコットン無染色インナー」。よりオーガニック素材にこだわりたい方におすすめ。優しい生成り色が気持ちまでナチュラルに。

嬉しい2枚組「二枚組トップス」

今流行りのパックTならぬ、パックタンク。1パックに2枚入って、価格も嬉しい¥1290。

ボディを縫い目のない筒状に編み立てたことで、縫い代のごろつき感が解消されたトップス。私はこちらのラインを購入しました。フライスのタイプとリブのタイプがあり、私はリブのタイプを。首回りのあき具合は、「さらっとインナー」に比べると、ほんの少し狭く、リブのタイプは生地感が割としっかりしているように感じました。

程よい太さのリブも嬉しいポイント。

カラー展開も、ベージュがある型が1型位しかなく、ホワイト、グレー、ブラックが中心です。T-シャツなどのカジュアルなファッションにはちょど良いかなと、感じました。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。