よく聞くバレットジャーナルて何?基本の書き方や道具について

暮らし

SNSなどの投稿を見て気になっていたバレットジャーナル。下半期がスタートする7月、新しいことに挑戦したり、上半期にやろうと思っていた目標を見直してみるタイミングでもあり、簡単にできる範囲で挑戦してみようかなと思っています。

バレットジャーナルとは?

そもそもどんなものなのか、文具メーカーなどのサイトで紹介されている記事を検索してリサーチしてみました。

アメリカで発祥した手帳術で、ノートやペンがあれば誰でも始められる気軽なもの。イラストなどで華やかにアレンジすることは大前提ではなく、目標や習慣、欲しいものリストなどを過剰書きにまとめ、手書きで記入しながらタスク管理をしていくことで、日々の慌ただしい事柄から少し離れ、自分が挙げているタスクそのものと向き合うという効果もあるようです。

始めやすい方法で

バレットジャーナルは、色々な楽しみ方があるようなのですが、まずはベーシックに、月別にやりたいことを管理していこうかなと思っています。難しく考えすぎずに、はじめてみる事、挑戦する事の方に比重をおいて、やりやすい方法で挑戦してみようと思います。

実は、今年の1月からA4の白い紙に月の目標を3個箇条書きにして管理するということに挑戦していました。ただそれだけなのですが、紙に書き出してなんとなく見返すようにするだけで、ほんの少しだけやりたいと思っていた事が実現できるようになってきたのを感じておりました。

月ごとだと、大きすぎる目標ではなく、実現できそうな目標をあげられて気軽にできるのが私には合っているのと、手に取りやすいノートに書いて持ち歩けば、よりタスク管理がしやすいかなと思っています。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。