セントジェームズ。ウエッソンボーダーサイズt6購入レポート

Fashion

こんにちは!

今シーズン、SNSに雑誌、セレクトショップのコーディネイト画像などなど、色々な媒体で見かけるボーダーカットソー。何枚も購入しては欲しくなるボーダーカットソーですが、今年はずっと欲しかったセントジェームズのカットソーを購入しました。

ボーダーカットソーといえば、、個人的にはルミノアかセントジェームズを想像してしまうのは私だけでしょうか。最近はセレクトショップなどで展開しているバスクバスクボーダーシャツも気になっていたのですが、昨年ルミノアのマドモアゼルというシリーズを購入してとても良かったので、今年もお馴染みのブランドのものを購入しようと決めていました。

左 SAINT JAMES 右 Le Minor

+ + +

ウエッソンOUESSANT“ボーダー”ってどんなシリーズ?

生地が薄手のモーレMORLAIXもありました

ビッグシルエットなt6サイズが今年らしい

+ + +

ウエッソンOUESSANT“ボーダー”ってどんなシリーズ?

私が購入したのは、セントジェームズ代官山店。お店にはたくさんのボーダーアイテムがずらりと並んでおりました。事前に下調べしてお店に行ったので迷うことなく購入出来ましたが、いろんな種類があるとどれを購入すれば良いか悩んでしまいそうですよね。

そんなわけで私が購入したウエッソンOUESSANT“ボーダー”について少しだけまとめてみました。

ウエッソンOUESSANT“ボーダー”

ウエッソンOUESSANTは、セントジェームスのシャツの定番中の定番で、ボートネック(襟周りが真っ直ぐのライン)の長袖のカットソー。

この形状の原型はノルマンディー地方の漁師やヨットマン等の船乗り達が着ていたものとのことで、実用的に考えられた素材、スタイルが特徴らしいです。
コットン100%、目のしっかりとした素材で、洗濯機でガンガン洗っても問題無く、着込んでいくことによって、少しずつ風合いがでて、肌になじんでいくそうです。(オフィシャルホームページを参照)
素材:100%コットン
※袖のブランドタグは入荷時期により色が異なる場合も。

まさに、HPの紹介の通り、生地感がしっかりしていています。(結構地厚)購入したばかりなので、まだ生地にハリがあり、これから着ていくうちに馴染んでくるんだろうなという感じがしました。

お馴染みの袖のタグもさりげなくポイント。

+ + +

生地が薄手のモーレMORLAIXもありました

お店にはウエッソンOUESSANTと同じ形で生地が薄手のモーレMORLAIXというタイプもありました。薄手の生地が好みの方はこちらもいいかもしれません。

モーレMORLAIX

モーレの生地は、やや薄手のコットン素材。さらりとした薄手の素材は、吸湿性にも優れ、素肌に気持ちいい着心地です。
素材:100%コットン

形もボーダーのピッチもほぼウエッソンOUESSANTと同じでした。カラー展開はウエッソンOUESSANTに比べると、やや少なく、定番カラーが中心という印象です。

+ + +

ビッグシルエットなt6サイズが今年らしい

ウエッソンOUESSANTはユニセックスのシリーズで、サイズ展開がT0〜T7までの7サイズ展開です。私がT6サイズを選んだのは、スタイリストの金子綾さんの書籍「A ONLY」でセントジェームズの無地のカットソー、T6を愛用しているのを見てずっと気になっていたから。

私は身長169cmと大きいので、金子綾さんが着用するより小さめかもしれませんが、肩がやや落ちるくらいのこのサイズ感が今年らしくて気に入っています。

カラーも本当に迷いましたが、ブラック×ホワイトを。ボーダーはほっこりしたイメージになりやすいので、ブラック×ホワイトなら辛口に着れるかなと思って選んでみました。

因みに昨年購入したルミノアは、こんな形。

こちらは七分袖で、ぴったりしたサイズ感。タイトスカートとかサテンのパンツスタイルとか、女性らしいスタイルにもおすすめ。

表面はこんなラウンドネックですが、

裏はこんなVネック。どちらを前にしても素敵なんです。こちらを後ろにして着ると、背中のVラインが女性らしい印象に。(お肌のお手入れ必要ですが…)

という訳で、簡単ですが購入レポートでした^ ^

金子綾さんの書籍、A ONLYはこちら、新しい書籍「黒のおしゃれ」も気になっています!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。