初めてのレモンシロップ。簡単家しごと

暮らし

こんにちは。

ずっとやってみたいなと思っていた家しごとの1つ。レモンシロップを作ること。

毎年、「梅しごと」(梅酒や梅シロップを自家製で作ること)をされている人をすごいなーとただただ感心するばかりだったので、「梅しごと」の前に、「レモンしごと」。レモンシロップで予行練習。

先日、やっと挑戦することができました。

実際作ってみるととても簡単。そして反省点もあり…今回は私の初めてのレモンシロップ作りについて。簡単ですが、是非ご覧ください^ ^

+ + +

もくじ

レモンシロップ。自宅にある物だけで簡単に出来ました

保存方法と飲み頃は?

レモンシロップの使い方

レモンシロップ作りの感想とまとめ

+ + +

レモンシロップ。自宅にある物だけで簡単に出来ました

レモンシロップに必要な材料はとてもシンプル。私が今回準備したのはこちらの材料です。全て自宅にありました。

1.レモン4個(無農薬で新鮮な物がベスト)

2.密閉出来る保存瓶

3.グラニュー糖(氷砂糖で作る方も多いそうです)

4.蜂蜜

北欧暮らしの道具店さんのレシピを参考に、作ってみました。

私は、持て余していたIKEAの保存瓶を使用しました。きちんと洗剤で洗った清潔な状態でしたが、キッチン用のアルコール消毒材(口に入っても大丈夫なもの)で、しっかり除菌も行いました。色々なサイトをチェックしたところ、シロップやお酒を作るときはしっかり除菌をすることがポイントのようです。

レモンは皮ごと付けても大丈夫な、無添加、ノーワックスの物を使いました。

レモンを7mmくらいの厚さでどんどん輪切りにカットしたら、レモン、砂糖、レモン砂糖とだんだんに重ねていくだけ。

最後に蜂蜜を加えました。

キッチンがレモンの香りに包まれて、なんとも爽やかな空間に。作っている間は癒しの時間でした^ ^

保存方法と飲み頃は?

しっかり密閉出来る容器に入れて、温度の低い冷暗場所に置いて保存するのが良いとのこと..

温度の低い冷暗場所、キッチンの日の当たらない棚などがベストかなと思ったのですが、なんとなく気温も暖かくなってきて不安だったので、冷蔵庫の野菜室に入れて保存してみました。

こちらが付けた直後。今3日目を迎えましたが、レモンから水分が出てこんな感じになっていました

1日1回、きちんと消毒をしたトングで容器の中をぐるりと混ぜています。種をきちんと取り除いたはずだったのに、まだたくさん残っていました…

レモンシロップの使い方

そもそもレモンシロップはどんな風に使うのか。作った後に調べてみました(笑)私が使ってみたいと思っているのはこちら

1.炭酸水に入れたり、レモネードにしたり

2.レモンをトーストに乗せて、レモントースト

3.チキンソテーなどお肉料理に

4.時間があったらクッキーなどの焼き菓子に..

炭酸水やお湯で割るだけでレモンスカッシュやレモネードが簡単に出来るので、早速試してみたいです。トーストに乗せたり、ヨーグルトに入れてもいいかな。お肉料理にも合いそう。色々楽しめそうなので、今からとても楽しみです。

+ + +

レモンシロップ作りの感想とまとめ

レモンシロップ作りはハードルが高そうなイメージがありましたが、とても簡単でした!^ ^

一番疑問だったのは、レモンとお砂糖の分量と保管方法。

砂糖の量は具体的に書いてあるサイトがあまり無くて、レモンと砂糖が1対1になるように、目分量で作業するのが少し心配でした。ただ色々なサイトを見てみると砂糖は少ないより多めに入れた方が良さそうです。

保管について。とにかくカビが生えたりしないか不安でした。瓶をしっかり除菌し、素手で作業しない方が良いとのこと。(私は素手で作業してしまいました。反省。)そして、冷暗場所への保存も少し不安だったので、私は冷蔵庫の野菜室で保存しました。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。