朝の時間にゆとりが生まれる。持ち物の置き場所のこと。5つのポイント

収納

こんにちは。インテリアと収納のことを中心に更新しています。早いもので2月になりました。時間はあっと言う間にすぎてしまいますね。あっと言う間と言えば、朝出かけるまでの時間、本当にあっと言う間です。

私は現在会社員では無いのですが、旦那さんが朝大体決まった時間にバタバタと出かけて行くので、一緒にバタバタと過ごすことが多いです。

昨年12月から、朝のバタバタ解消と、忘れ物を減らすと言う問題を解決するために、今更ながらですが、取り入れた事があります。やり始めて2ヶ月くらいになりますが、忘れ物が減ったのと、朝の時間に少しゆとりが生まれました。

簡単に言うと、持ち物を把握して、置く場所とルールを決めただけなのですが、私たちが行った5つのポイントに絞ってまとめてみました。

必ず持ち歩く物をリストアップ

自分が必ず持ち歩く物を紙に手書きで書き出しました。普段持ち歩く物、分かっているつもりでもいざとなるとぼんやりしているものです。財布、iphone、ハンカチ、ポーチといった、毎日必ず持ち歩く必要最低限のものに絞って書き出してみます。チェックリストがあるだけで、頭が働いていない朝でも何を入れればいいか毎回考えなくてすむので、これだけでも用意が楽になった気がします。

専用のトレーを用意

専用のトレーを1つ用意しました。私と旦那さん、それぞれ1人1つずつ。持ち歩く物が重ならずに並べられるくらいゆとりのある大きさのデザインがよかったです。このトレーを用意して、いつも持ち歩く物の定位置を決めました。定位置が決まると、物を出し入れする場所が明確になるので、それだけでも時間にゆとりが生まれます。

専用のトレーに必ず持ち歩く物を並べる

専用のトレーを用意したら、必ず持ち歩く物を並べてみます。トレーの中には、チェックリストも一緒に入れました。私が必ず持ち歩く物は、財布、カードケース、メモ帳、ペン、ポーチ(リップクリーム、除菌シート、ハンドクリーム、小さなくし、チーク)時々手帳。普段持ち歩く物について、あらためて考えることはなかったのですが、明確に把握できると少しだけすっきり

帰宅したら、バッグの中身をトレーに全て出す

外出から戻ってきたら、必ずバッグの中身、コートのポケットの中の物を全て出して、このトレーに戻すようにしています。疲れている時とかは、綺麗に並べないでとりあえずこのトレーにポイポイ入れるだけ。とりあえず全て出す事を心がけています。

うっかりコートのポケットに入れっぱなしのリップクリームやカードケースなどが、いつもの忘れ物の原因や、朝のバタバタと言う事が結構多かったので、こうするようにしてから、バタバタが少なくなったように感じます。

朝リストを見ながらチェック

朝、出かける前にもう一度リストを軽くチェックしながら用意するようにしています。

さらに最近は、前日に買い物リストなどのメモを一緒に入れておくようにしています。翌日持ち出す書類などがある時も、このトレーにぽんと入れておいたりも。

まとめ:持ち歩く物をリストアップして把握。定位置を決める。

朝の時間にゆとりが生まれるポイントは、持ち歩く物をリストアップして把握をすること持ち歩く物の定位置を決めることかなと思いました。収納を学び、実践していていつも思うことなのですが、物の場所がきちんと決まっていない事が、物を探す時間のロスになっているなと感じます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。