無印良品デスク内整理トレーの使い方その1。腕時計の収納に

収納

こんにちは!インテリアと収納について更新しているこのブログ。今日は無印良品のポリプロピレンデスク内整理トレーの活用方法について記事にさせていただきます。

整理収納が好きな方や、お仕事にされている方、無印良品好きな方は知っているという方も多いと思いますが、こちらの小物収納ツール。

乳白色のポロプロピレン素材で、4サイズ展開。写真のタイプは左から横134mm×縦200mmのタイプ4横100mm×200mmのタイプ2です。私はこの2つのサイズを愛用しています。トレーの仕切りは可動式で、移動できるようになっています。

この仕切り用の板は、購入時は1枚ついているだけですが、単品で追加購入することも可能です。サイズ的に、小さなアイテムの収納に便利で、我が家ではこの記事で紹介する腕時計の他、文房具メイク用品などに使用しています。

デスク内整理トレーは、腕時計の収納にもぴったり

旦那さんがいくつか持っているスポーツタイプの時計を収納しています。私はピアスなどのアクセサリーと合わせてコーディネイトしたいので、クローゼットに腕時計を収納しているのですが、旦那さんは出かける前の最後に時計を身につける事が多いです。

腕時計の収納場所は、キッチンカウンターの隙間

家の中心にあるカウンターキッチンのカウンターテーブルの上は、自然と旦那さんが出勤前、帰宅後に物を置くスペースになりました。

そんな訳で、このカウンターの下にある隙間に、こちらのトレーを置いています。

カウンターの下にある、収納家具との間にある7cm程度の隙間。収納家具を発注する時に、あえてこのスペースを確保して発注しました。ニトリで購入したトレーに、腕時計と指輪をセットで置いています。

最後の準備の仕上げに、好きな時計を選べるし、ついでに指輪も。帰宅したらそのまま戻せるので、この位置が定着しました。

蓋などがなく、すっと引くだけで一目瞭然なので、急いでいてもすぐ取り出せてとても便利。腕時計や指輪など、つい忘れてしまうことも多いアイテムは、できるだけ取り出すまでのハードルを下げるのがポイントだなと思っています!

ついでに、最後の持ち物確認リストをカレンダーの横に記入しています。つい忘れてしまう持ち物の最終確認をするようになってから、うっかり財布忘れた..とか、鍵忘れた..とかが少なくなったように感じています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。